基本

モテる人、真面目な人、結婚している人のスペック比較 【婚活余談】

人生のフェーズごとで必要なスペックが違う!

こんにちは!ブルテンです!

ここでは、独断と偏見で、人生のフェーズごとで必要なステータスを記載したいと思います。

まだ恋愛もしていないのに、と思うかもしれませんが、事前に知っていると、ステ振りのタイミングがわかり便利なので、説明したいと思います。

①モテる人

②真面目でモテない人

③結婚した人

④片働き専業主婦(夫)

⑤共働き夫婦

⑥片働き専業主婦(夫)+子持ち

⑦共働き夫婦+子持ち

①モテる人 例)25歳

攻撃力

・年収:★★☆☆☆

・容姿:★★★★★

防御力

・節約力:★☆☆☆☆

・貞節力:★☆☆☆☆

体力

・若さ: ★★★★★

・健康: ★★★★★

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★☆☆☆☆

・感情コミュ(共感察知):★★★☆☆

攻撃力特化 かつ 体力があるので、完全な前衛タイプですね。異性を落とすことはできますが、防御が貧弱なので持続しないです。

俺らは真面目に生きてきたのに、モテる奴は不公平だ!

と思うかもしれませんが、彼らは年収を上げるのではなく、モテるために10代の頃から日々努力(下心)してきたわけです。

妬む気持ちはわかりますが、努力の方向性が違っただけなのです。

それに、最近は恋愛が流行らなくなったので、モテるタイプが極端に少なくなりましたよね。

②真面目でモテない人 例)30歳

攻撃力

・年収:★★★☆☆

・容姿:★☆☆☆☆

防御力

・節約力:★★★★☆

・貞節力:★★★★☆

体力

・若さ: ★★★☆☆

・健康: ★★★☆☆

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★★★☆☆

・感情コミュ(共感察知):★☆☆☆☆

防御特化ですね、攻撃が貧弱なので、異性を落とすことは難しいですね。

皆さんの努力は間違っていませんが、容姿と感情コミュ力が、婚活には大事だってことを勉強してこなかっただけです。

上記パラメータは簡単に上昇しますので安心してください。

また、婚活においては、節約しすぎも問題です。

・容姿を良くするための、投資

・コミュニケーション能力を上げるため、色々な異性と話をする実戦経験。

・意中の相手に羽振り良くお金を使うサービス精神。

これをしなければならない時期なのです。

③結婚した人 例)30歳

攻撃力

・年収:★★★☆☆

・容姿:★★★☆☆

防御力

・節約力:★★★☆☆

・貞節力:★★★☆☆

体力

・若さ: ★★★☆☆

・健康: ★★★☆☆

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★★★☆☆

・感情コミュ(共感察知):★★★☆☆

全てが平均的。しかしながら、それが一番結婚に近いのです。普通が大事、でもすべての項目で普通を維持するのは大変な努力が必要です。

普通に見えて、水面下では必死に足をばたつかせている白鳥のごとき存在が、女性の言う普通の男性なのです(涙)

④片働き パートナーは専業主婦(夫) 例)35歳

攻撃力

・年収:★★★★☆

・容姿:★★☆☆☆

防御力

・節約力:★★★★★

・貞節力:★★★★☆

体力

・若さ: ★★☆☆☆

・健康: ★★☆☆☆

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★★★★☆

・感情コミュ(共感察知):★★★★☆

年収と節約力がないと厳しいですね。またコミュ力が結婚前より必要になります。

しかしながら、パートナーが専業主婦(夫)の方は、分業ができており、お互いにストレスが少ないので、コミュニケーション力が低くてもケンカになりにくいです。

一番安定している時期でもあります。

ゲームも漫画も旅行も好きなだけできる、非常に楽しい時期です。

独身時代より自由です。

ただし、節約しないと怒られますが、もともと真面目な人は、節約志向なので問題ないですね。

容姿に気を付けなくて良くなりますが、気を抜きすぎると、パートナーが怒りますので気を付けてください。

⑤共働き夫婦 例)35歳

攻撃力

・年収:★★☆☆☆

・容姿:★★☆☆☆

防御力

・節約力:★★★☆☆

・貞節力:★★★★☆

体力

・若さ: ★★☆☆☆

・健康: ★★☆☆☆

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★★★★★

・感情コミュ(共感察知):★★★★★

共働きですと、一番重要なのはコミュ力になります。

二人がそろう時間が減ることと、仕事によるストレスから適切なコミュニケーションをとらなければ、破綻(離婚)する可能性が高いです。

お金は沢山あるけど、少し時間がない。

家事分担でもめることが出てきます。

男性にとっては、パートナーが専業主婦の方が幸福度高めですね。

⑥片働き パートナーが専業主婦(夫)+子持ち 例)40歳

攻撃力

・年収:★★★★★

・容姿:★☆☆☆☆

防御力

・節約力:★★★★★

・貞節力:★★★★★

体力

・若さ: ★★★☆☆

・健康: ★★★☆☆

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★★★★★

・感情コミュ(共感察知):★★★★★

片働きで子供ができると、より年収と防御力が必要になります。

また、体力面も必要になります。

さらにコミュ力は、MAXで必要です。

子供は非常にかわいいので、幸福度がバブル期到来です。

一方で、ゲームや漫画 趣味は子供が寝静まったあとにしかできませんが、普通にできるので問題ないです。

⑦共働き夫婦+子持ち 例)40歳

攻撃力

・年収:★★★☆☆

・容姿:★☆☆☆☆

防御力

・節約力:★★★★☆

・貞節力:★★★★★

体力

・若さ: ★★★☆☆

・健康: ★★★★☆

コミュ力(スキル)

・論理コミュ(言語表現):★★★★★★

・感情コミュ(共感察知):★★★★★★

片働き子持ち夫婦と比較すると、必要コミュ力が限界突破します。

個人の自由時間なしが何年も続くので、夫婦間のコミュニケーションがとれていなければ、そのストレスが子供に向く可能性もあるので、非常に危うい状態とも言えます。

現代はこの形態が一般化していますが、明らかに無理がでていますね。

頑張りすぎると、夫婦どちらかが精神面/健康面で問題が出てきます。

それだけに健康面を維持しつつ、コミュニケーション能力を急成長しなければなりません。

祖父母のサポートがない夫婦は、平均以上の能力がなければ、厳しいと言わざるを得ません。

まとめ

各フェーズごとの必要ステータスを記載しました。

若いうちは、容姿や年収が必要で、年を取るほど健康面とコミュニケーション能力が高くないと破綻する傾向にあります。

また、最近は共働き夫婦が当たり前になっていますが、片働きよりも、より高度なコミュニケーション能力が必要です。

本ブログの読者は、②真面目でモテない人 だと思いますが、将来のことを考えると、まずはコミュニケーション能力を上げることが急務です。

容姿は正直言って、結婚前にしか必要ないですが、コミュニケーション能力は年齢を重ねても無駄にならないスキルです。

コミュ力の向上は、人生で一番コスパが良い投資です。

年収は、普通レベルであれば、なんとかなりますが、コミュニケーション能力が今のままだと、破綻する可能性が高いです。

日本は、年収が高くても低くても、税金などで生活レベルが変わらないように調整されているので、年収は平均レベルあれば、それ以上に上げる努力は実はそれほど必要ないのです。

何が起きるかわからないので、生きるために日々の努力は必要ですが、お金だけを求めても幸福にはなりません。

現代の日本人は、地域社会でのつながりなど、コミュニケーション能力を上げる勉強や機会がないことが、婚姻率低下の原因ではないかと感じています。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

お時間ありましたら↓「にほんブログ村」ランキング投票ボタンを押して頂けると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村