スキルアップ

【悩まなくてOK】 恋愛・婚活デート服 何を着れば良いかわからない男性が簡単にオシャレになる方法

ファッションは普通で良い!

こんにちは!

本日は婚活ファッションについて、お話ししたいと思います。

婚活に際して、まず重要なのは見た目です。

身もふたもないですが、第一印象が良いか悪いかで、その後の婚活の成否が決まってしまいます。

ファッションセンスなんて自信がないよ!

アパレルショップに着ていく服がない!

と、お思いのアナタ、大丈夫です。私もそうです(笑)

安心してください、婚活では、高レベルなファッションセンスは必要ありません。

ファッションセンス100点を目指すのではなく、50点あれば十分なのです。

なぜなら、つりあいの法則にあるように、婚活は総合力が大事です。

例え、ファッションセンスが低くても、ほかの部分でカバーすれば良い。

まずは、足切りされないように、「普通の人」になることが大事です。

ユニフォーム(制服)を作ろう!

学生の時は、毎日制服で楽だったなあ。

私服選ぶのめんどくさい。

家ではジャージで朝から晩まで過ごすよ。

上記は全部 私のことですね(笑)

さて、アドバイスですが

婚活で着ていく服ですが、男性の場合は「シンプル」かつ「爽やかさ」を意識してください。アパレルショップの店員さんに、全身コーディネートしてもらうといいですよ。

シンプルでさわやかな服なんて、わからないよ!

店員さんにお願いするなんて、無理!。

服屋に着ていく服がないくらいダサいのに、内心馬鹿にされているのでは、、、

怖い!

はい、巷の婚活本や、婚活サイトのお約束のおすすめですが、我々はファッションセンス0点なので、そのようなことを言われても、全く理解できません。

店員さんとコミュニケーションなんて、無理です。

アドバイスしている人たち、特に女性は、ファッションセンス80点以上はあるので、上記のようなアドバイスをしますが、我々はジャージで日常的に生活している0点の人間なのですから、アドバイスが的外れなのです。

そこで、我々にもわかるように、簡単に服装を記載します。

下記、服装を複数枚購入しユニフォーム(何も考えなくてよい制服)として婚活に臨むのです。

下記に代表例を記載します。

写真を参考にしてください。

・ボトムス: ベージュのチノパン、グレーのスラックス



・インナー: 白、黒、紺系のシャツ



・靴: 

春夏 白 or 青のスニーカー(非スポーツ系)


秋冬 アースカラーの革靴(ミドルブランド)



・靴下: 季節により、ロー、ハイソックス使い分け 黒系


・アウター:上記 インナーと色の被らないジャケット 黒 、紺、グレー  ミドルブランド


・時計: なんでも良いが、男子が大好きなGショックなどは目立たない黒色のみ。スマートウォッチはネタになるので良いが、なるべくならApple watchが良い


上記を、着れば、50点に到達できます。

巷にいる普通の人 つまり ビジネスカジュアル が シンプルでさわやかな服装なのです。

ビジネスで使用するものなので、エンジニアにありがちな、ゴテゴテしたポケットたくさん機能性重視な衣類は完全にNGです。

学ランなどをイメージして、なるべくスッキリ、シンプル、柄なしを選択してください。

ユニクロの注意点

さて、上記ユニフォームは、アウターとカバン以外は、ユニクロで十分です。

ただし、ボトムスとインナー、靴は消耗品ですので、1シーズンごとに買い替えてください。

この買い替えが、清潔感 さわやかさ につながります。

一方、アウターはユニクロNGです。

アウターは2万円~3万円くらいで、数年間は使用できるものを購入しましょう。

こればかりは実店舗に赴き、店員さんに相談するしかありません。

私服でも仕事でも使えるジャケットを探していると伝えれば、見繕ってくれると思います。

ユニクロよりも新興ブランドが安価でオシャレ

ユニクロで十分と書きましたが、あくまでシンプルなボトムスとインナーに限定されます。

ユニクロも世間の流行りを反映させており、7割くらい商品はハズレです。

イケてる3割の商品を探す目利きがなければ、下記のような新興のオシャレブランドを利用した方が、全てが当たり商品なので、お金を無駄にしなくて済みます。

新興ブランドは、その時代のオシャレエースが利益度外視で起業しているので、安くて、オシャレ、高品質と良いことずくめです。

お値段もユニクロと変わりません。

定価で比較すればユニクロよりも安いものばかりです。

メンズカジュアルならSPUTNICKS スプートニクスがベスト!


カバンはハイブランド フリマサイトを利用しよう!

そして、カバンは、ハイブランド品を購入した方が吉です。

なぜなら、ワンポイントでハイブランド品を使用すると、その他がファストファッションでも、全体の品位が上がります。

ほとんどの女性は、ブランド品が大好きです。

大好きなブランド品の好印象が、そのまま男性への好印象と錯覚してくれるので、なるべくならハイブランドを身に着けた方が良いです。

ブランド価値は、ザックリ下記となります。

(普段使いできない) ルイ・ヴィトン > エルメス > グッチ > コーチ (普段使いできる)

そのままお値段に反映されますので、検索してみてください。

例をあげると、下記のようなものが普段使い(ジャケットを着ない春夏)には良いでしょう。

また、ハイブランドのカバンは資産価値があるため、高級品(10万円以上)は長く使っても、あまり値段が下がりません。

長年使った服は捨てるしかありませんが、カバンは高値を維持しており、メルカリなどで高額で売却できるので、コスパが良いのです。

カバンに10万円なんて無理、という方が普通だと思いますので、その場合もメルカリなどのフリマサイトで中古品を探すのが良いです。2~5万円も出せば、普通に使う分には問題ないものが購入できます。

自分に合わなければ、再度フリマアプリで売却すれば、ダメージは少なく済みます。

例えば20,000円で購入し、丁寧に扱えば、数年後にも20,000円で売却することができます。

※手数料送料で実際の手取りは17000円程度になります。

中古品は嫌だし、偽物かもしれないからフリマサイトはなんだか面倒だなあ

と思う方もいらっしゃると思います。

そういった方は、下記のようなシンプルでセンスの良いレザートートバッグを必ず1点は購入しましょう。

ツートンカラーであれば、仕事でも使える上に、カジュアルな服装にも合います。

新興ブランドであれば、ハイブランド品と同等の品質で、1万円~2万円で購入できます。


悩むのが嫌なら、丸投げサービスを使おう!

ユニフォーム作成は、自分の型が決まれば、似たような服を毎度買えば良いので楽です。

しかしながら、自分の型を探す作業で、時間とお金と気苦労が発生します。

そういった苦労が最初から無駄だと思うのであれば、下記のようなオンラインコーディネートサービスを利用しましょう。

予算に合わせて、お店やコーディネータさんが、その人の体形や目的に合わせて、複数パターンの服を提案してくれます。

提案して良いと思った服が、自宅に送付され、試着してみてOKなら、そのまま買い取り、NGなら返品といったサービスです。

自分でコーディネートすると、5~10万円程度は失敗した服を購入してしまいます。

世間の普通の人たちは、そういった失敗を繰り返して、人並みのファッションレベルに到達するのです。

10万円損するよりも、最初からコーディネーターさんに丸投げして、自分の型を探してもらった方が利口ですね。

実店舗でそういったことができるコミュ力の高い人は良いのですが、陰キャはコミュニケーションする必要性がないオンラインのサービスを利用した方が楽です。

コーディネート費用は、

お店が主催していれば、無償

個人のコーディネーターさんであれば、予算金額の数%が取り分です。

実店舗に赴く交通費より安いので、利用しない手はないと思います。

お店の企画であれば、SPUTNICKSさんのスタイルアップ便

コーディネーターさんであれば、下記サービスなどあります。

有名スタイリストがあなたのため<だけ>にスタイリング【Dinate(ディネイト)】

男性専用!あなたに似合うファッションを無料でご提案!【BEST STYLE ME DIRECT】

世間でオシャレとされている芸能人やモデルさんなども、実際はコーディネーターさんに毎回着る服を買ってもらっているだけなので、一般人が実力でオシャレになる必要性はないですよね。

まとめ

恋愛・婚活における男性ファッションは、ビジネスカジュアルを基本としましょう。大切なのは、古くてクタクタになった服は捨てて、新品を着ることです。

また、アクセントとしてハイブランド品やセンスの良いカバンを持つことで、40点から60点になることができるので、足切りに合う確率が一気に減ります。

個性あるファッションなんて何もわからない、と悩まずに、婚活は定形のユニフォームを着ていくと考えれば、気持ちが楽になるのではないかと思います。

そもそも自分でコーディネートして悩むよりも、プロのコーディネーターさんに丸投げした方が利口です。

会社では部署ごとで役割分担しているのと同様に、ファッションも得意な人にお任せしましょう。

自分はダサいと思っている方も、やり方を知らなかっただけなので、何も思い悩む必要性はありません。

今日から行動すれば、恋愛・婚活も良い結果が出るはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。