出会い

婚活パーティー、マッチングアプリ、結婚相談所 こんな人がオススメ③ 結婚相談所編

結婚相談所に行くべき人

こんにちは、ブルテンです。

今回は結婚相談所です。

最初に結論ですが、

結婚相談所は「時間がなく」「高収入(親含む)」かつ「素直(ピュア)」な人に最適解。

なぜ、上記のような結論になるか説明したいと思います。

結婚相談所は、結婚のための安全な訓練校

皆さん、結婚相談所は、婚活パーティーや、マッチングアプリで成婚できなかった人が、最後に行きつくところ、といったイメージがないでしょうか?

高いお金を払えば、結婚できる、といった考えであれば間違いです。

結婚相談所の一番の特徴は、仲人さん(アドバイザー)の存在です。

この仲人さんは、何をするかというと、まずはあなたのプロフィールを確認し、システムに入力その後にあなたのステータスの弱い部分を、どのように強化すれば良いか指導します。

その際、服装、髪型、マナーやコミュニケーション方法にダメ出しが入る場合があります。

その後に、お見合い相手を選定し、あなたに提示します。

※ここは、会社ごとで異なりますが、マッチングアプリと同様のシステムであなたが主体で選ぶ場合もあります。

あなたが気に入った人がいれば、お見合い相手の担当者に連絡、お見合いまでに、服装や、マナーなどの練習をして、実際のお見合いに臨むといった流れです。

これを登山で例えるなら、

■婚活パーティーや、マッチングアプリ

 あなたは、なんとなく登山をしたいなあと考えており、何も準備せずにエベレストに挑みます。

途中で、つまづいたり、大怪我をして、ようやくエベレストが無謀なことに気づき、エベレストなんて目指さずに、我流で努力をして自分の能力にあった、山を登る。

我流なので、失敗する場合もあります。

あるいは、ひたすらに努力してエベレストをあきらめずに目指す。

そうこうしているうちに、5年、10年がたち、体力の衰えもあり、エベレスト登頂(結婚)を断念してしまうかもしれません。

■結婚相談所

 登山したいけど、時間もないし大変そうだから、まずは訓練校に入り、コーチと一緒にトレーニングをして、自分の実力にあった、最適な山を教えてもらう。

実際の登山もコーチと一緒に上り、登山中に危ないところがあれば、事前に教えてもらい、一緒に登頂する。

素直にコーチの言うことを聞いていれば、まず失敗しない。

ただし、コーチの質はピンキリの可能性があるので、間違いをなくそうとすればするほど、高額な費用を支払う必要性がある。

というような違いがあります。

したがって、結婚相談所は、あくまで訓練校や、大学受験のための予備校であり、本人に勉強する意思や、コーチの言うことを聞かないと意味がないのです。

つまり、「素直」な人に適切なのです。

結婚相談所にかかる費用

さて、結婚相談所で活動するための費用を説明したいと思います。

各結婚相談所により費用はピンキリですが、およそ下記の費用が必要です。

入会金:約5-10万年

月額費用:1-2万円/月

お見合い費用:約1万円

成婚時退会費用(成果報酬):約20万円

合計:約50万円/年 ※成婚費用は含まず

非常に高額ですよね。

上記は仲人さんが、手取り足取り指導するための人件費が大きな割合を占めています。

そのため、高収入な人でないと、なかなか支払うことが難しいです。

また、知人の話では、女性の場合、本人が支払うのではなく、親が支払っている例が多いようです。

マッチングアプリは、身分を偽ることが比較的に簡単ですし、体目的の人たちも多数いるのが事実です。

そういった人たちを見分ける社会経験があれば良いですが、所謂 ピュアな「箱入り娘」だと危険なため、親心として、安全な結婚相談所に入れたいということでしょう。

結婚相談所では、結婚まで、肉体関係は禁止しているのが一般的ですので、安全です。

(万が一、破った場合は、民事訴訟などの可能性もあります。)

男性の場合は、自分で支払う例が多数ですが、仕事や趣味にかまけて、恋愛をしてこなかった人が多数です。

マッチングアプリなどで一から恋愛経験を積んだ場合、失恋を重ねながら、3年は最低必要になります。

学生時代に恋愛や失恋しなかったので、同じことを大人になってから行うわけです。

この期間をお金で短縮させることにメリットを感じるなら、結婚相談所は最適解になります。

まとめ

まとめですが、結婚相談所は、高収入かつ時間がない、なおかつ、素直な人にとって最適解となります。

個人的な見解ですが、今後の結婚相談所は、より高収入な人達向けに特化する流れかと思います。

なぜなら、婚活のAI化により、自分に最適な人が誰なのか?どこが弱いのか?という、仲人さんの仕事の一部がマッチングアプリでも可能になる可能性があります。

そうなると、結婚相談所は昔ながらのお見合い、花嫁花婿修行を積む場所になるのではないかと思います。

次回は、婚活パーティー、マッチングアプリ、結婚相談所 以外のオススメの出会いの場を解説したいと思います。

【付録】変わり種 結婚相談所

巷には星の数ほど結婚相談所がありますが、普通の結婚相談所とは異なる特色のある相談所をピックアップしてみました。

ハマれば、あなたの最適解になるかもしれません。

【国内最大級】会員ネットワーク オタクに寄り添う婚活《とら婚》
 「とら婚」さんは、同人誌の販売などを行う「とらのあな」さんのグループ企業です。オタク向けと言っていますが、数ある結婚相談所の中でも、会員をビシバシ鍛える相談所で有名です。(あまりにド正論なので、言い返すことができないという口コミが多数です。)オタクだと割引が聞くのも面白いです。

キャリア系女性に特化!理解してくれる男性と出会える【キャリ婚】
 働く女性に特化した相談所/婚活サイトです。男性は、なんと費用が「タダ」で、女性は有料になります。

共働きや家事育児分担して欲しい、という女性がメインユーザーで、アプローチできるのは、女性→男性のみです。

この時点で、当サイトの真面目な男性は非常に有利な場所です。登録はタダですし、嫌なら断れば良いので、登録するだけしてみるべきかと思います。

女性医師とハイスペック男性のための結婚情報サービス【女医プレミアム】
 女医さんと出会えます♡

ただし、男性は大企業社員や公務員、高収入な人限定です(残念)

つりあいの法則からして、上記 高スペックな方は、マッチングアプリをやるよりも、上記サイトの方が手っ取り早いのは間違いないです。

※個人的には忙しい人同士だと、家庭生活が破綻しやすいので、男性は家庭的な人もありだと思うんですよね。

結婚相談所の価値は、アドバイザーの力量と、所属している会員の質にあります。

一度面談してみて、アドバイザーさんと合わないなと思ったら、契約せずに別の相談所を訪ねてみてください。

契約した後でも合わないと思ったら、退会した方が良いです。

ズルズルと高額費用を払うより、自分にあった婚活を選んだ方が結果が出やすいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

お時間ありましたら↓「にほんブログ村」ランキング投票ボタンを押して頂けると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村