コミュニケーション

婚活・恋愛 過去の恋愛経験をなぜ聞くのか?【男性心理】

過去の恋愛経験を聞くのはNG?

こんにちは、ブルテンです。

今回は男性が女性に過去の恋愛経験を聞く心理を説明したいと思います。

このトピックは、タブー中のタブーなのですが、女性はこの事実を理解しない限り早期に結婚できないと思いますので、バッシング覚悟で記載します。

恋愛/婚活をしていると、過去の恋愛経験を聞いてくる男性が、マレにいるのではないでしょうか?

よくわからないけど、素直に過去の恋愛経験を話したところ、男性は大して盛り上がることもなく、へー、と軽く流して、男性も過去の恋愛経験を語りますが、大概は「同じくらい」とはぐらかすでしょう。

女性は、なんでそんなことを聞くの?と不思議に思うかもしれませんが、この瞬間に男性の中では、交際の方針が決定しているのです。

つまり、結婚を意識した交際か、遊びの関係か、フェードアウトするか、どうかです。

詳細を説明したいと思います。

男性は競争の中に生きて、自分以外の男は全員敵である

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」

という言葉がありますが、実際の男の人生では、すべての男がライバルで潜在的に敵なのです。

女性は、まずこの事実を理解していただきたい。

幼少の頃より、勝負や競争することを強制され、勝ち組、負け組が決定されるのが男の人生です。

古代であれば、競争は殺し合いだったことでしょう。

それだけ男性の本能には、競争や勝負が根付いており、負けることは「死」を連想するほど「恐怖」なのです。

これは競争を勝ち抜いてきた「勝ち組」の男女ほどこの傾向にあると思います。

※彼らの人生は下記でお話ししていますので参考にしていただければと思います。

ただし、四六時中 殺し合いレベルの競争をしているわけではありません。

競争にはルールがあり、スポーツの試合のように、競争している間は本気だが、試合が終われば、ノーサイド 友情をはぐくもう、という暗黙の了解が特に男性間ではあります。

いわゆる「少年漫画」のノリです。

個人的な見解ですが、これは、試合後の逆恨みからの殺し合いを避けるために制定されたルールなのではないかと思います。

さて、男性がいかに負けることに「恐怖」するか理解していただいたところで、本題に戻りたいと思います。

過去の元カレには絶対に勝てない

さて本題に戻りますが、

女性に元カレがいた場合、多くの男性はこのように考えます。

【不誠実な男性】

「元カレいたんなら、色々経験済だろうし、別れたとしてもめんどくさくないな。結婚する気はないし、気兼ねなく恋愛できるだろ」

【誠実な男性】

「もう少しお付き合いして判断するけど、真剣交際できるかなあ?別の理由を言ってフェードアウトかも」

一方で元カレがいない場合は下記です。

【不誠実な男性】

「真剣交際ありだけど、性格次第だなあ。結婚する気はないし、下手に肉体関係持って別れると大変だから、やめとくかな?」

【誠実な男性】

「これは責任持たないとだめだから、下手なことはできないな。内面が良ければ早期に告白/プロポーズして奪われないようにしないと」

はい、女性の皆さんは、怒り心頭でしょうが、男性の中では、自分より前にあなたと愛を育んだ人(男性は肉体関係ありなしが付き合っているかどうかの基準になります)がいた場合、あなたには真剣になれません。

なぜなら、自分が愛する相手が、他の男を愛していたという事実が認められないのです。

肉体関係を持つということは、本来は子供を作るということです。

本能的に、托卵される危険性を感じ取り、拒絶反応がでてくるのかもしれません。

自分の遺伝子を後世に残すという生物として、最低限の本能です。

それが叶わない、さらには托卵などされれば、自動的に自分が元彼よりも生物的に劣った男だと決定されてしまいます。

「好きという感情」と、「本能的な忌避観」という相対する感情が溢れでて、男性は正気でいられなくなるのです。

これは、勝負に勝ち続けてきたハイスペックな男性ほど、この傾向にあると感じています。

したがって、恋愛経験豊富な人が婚活で苦戦するのは、恋愛経験が豊富なことが原因なのです。

恋愛経験豊富な人は、容姿が良い場合が多いので、申し込みは沢山ありますが、なかなか成婚できないのではないでしょうか?

一方、恋愛経験のない、容姿がイマイチな人の方が、さっさと結婚していきます。

それも高スペックの男性とです。

ここで、女性は反論として、「自信がないからダメなんだ!」とおっしゃると思いますが、その通り、自信がないんです。

勝負に真正面から挑み、それなりに敗北も経験したが基本的に勝ち続けているハイスペックで真面目な人ほど、負けることに恐怖しますし、そのようなストレスに耐えられるか自信がないことでしょう。

過去の恋愛経験なんてどうでも良いと言えるのは、ZOZOの前澤さんのような、最初から結婚する気がない、子供を作る気がない、すでに子供がいる人だけです。

また、この勝負に負ける恐怖ですが、老化することによって、競争心が減るため(食欲や性欲も減る)、年配ほど過去の恋愛経験を気にしなくなります。

大人の包容力と言うのは老化した結果なのです。

過去の恋愛経験はタブー 墓場まで持っていくもの

さて、男性の心理を理解していただいたところで、恋愛経験豊富な人はどのように対処すべきでしょうか?

それは、過去の恋愛は失敗だったと認めることです。

巷の女性向け雑誌などでは、女性は恋愛するほど輝く、みたいなキャッチフレーズに溢れていますが、女性の間では輝いていますが、男性の目には全く逆に見えているのです。

恋愛するほど婚期が遠のくため、なるべく慎重に行動すべきであり、色々な人から声をかけられても、それはモテているのではなく、軽い女だと思われているという自覚を持たなければなりません。

また、男性からの恋愛経験の問いも、実際の経験を正直に回答する必要はありません。

周りがどんどん彼氏作るから焦ってなんとなく付き合ったけど、大して好きでもない人と付き合って別れたことに後悔している。というような回答が模範解答だと思います。

ポイントは、過去の元彼は本気ではなかった。そして、そんな軽率なことをしていたことを自省するスタンスをとることです。

※あまりに後悔しすぎて自分を責めるのも良くないので、あくまでスタンスです。

そもそもの話ですが、、そのようなデリカシーのない問いをしてくる時点で、その男性は切るべきですが、そうでなくても、雰囲気で察して、真面目な男性は寄り付かずに、軽い遊び人が寄ってくるので気を付けるべきでしょう。

最悪なパターンは、長い真剣交際の後に、フラれるパターンです。

男性も最初は過去の恋愛なんて気にしていなかったが、ガン細胞が広がるように、負の感情が増大し、このまま交際を続けるのは不可能だと判断する例が非常に多いと感じています。

この場合の対処法は、今彼の方が全てにおいて優れていると褒めることです。

面倒ですが、今彼が勝っていることを常に意識させ、負の感情よりもポジティブな感情を大きくすることです。

まとめ

今回の内容は、女性には非常にショッキングな内容だと思われます。

しかしながら、大多数の男性の本音である事実は変わりません。

また、男性も同様に恋愛経験のある方が多数いらっしゃいます。

誠実な男性ならば、自分も恋愛経験があるのだから、相手もあって当然だと考えますよね。

ただし、あくまで後天的に負の感情を抑えているだけであり、女性が元カレの話題を出すようなことがあれば、一気に負の感情が噴出して、交際終了の可能性が高いです。

過去の恋愛経験は墓場まで持っていくことが、交際や結婚、夫婦関係を維持する上で最低限のマナーであることを男女ともに理解しなければなりません。

また、あくまで個人的な感想ですが、恋愛経験豊富な人は、婚活に疲れて、たまたま再開した最初期の元カレと結婚するパターンが非常に多いと感じています。

恋愛経験が豊富な方は、容姿が良い方が多いため、婚活に拘りすぎず、自然体で普段通りの生活を送った方が、結果的に良縁に恵まれるのではないかと思います。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

お時間ありましたら↓を押して頂けると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村