スキルアップ

【婚活ダイエット】痩せなければ結婚できない!オススメの食事・運動方法

結婚するには、とにかく痩せよう!ダイエットは仕組み次第

woman using body tape measure while measuring her waist

こんにちは!

今回はダイエットです。

皆さん、お菓子が大好きですか?

私は大好きです。

特にチョコとアイスが好きですねw

あと和菓子も好きなんですよ。餡子も大好きです。

いくらでも食べれますよねw

さて、そんなわけで「デブ」になるわけです。

他の記事にも書きましたが、恋愛・婚活の入り口は容姿が全てです。

婚活を成功させたければ、まずはダイエットをして痩せましょう。

というのは皆さん理解しているでしょうが、なかなか長続きしないと思います。

それは皆さんのダイエットの「仕組み作り」ができていないことにあります。

「仕組み」とは何も意識しなくても自動的に実施してしまうことです。

皆さんがダイエットを挫折するのは、自分の自由意志でダイエットを行うため、気持ちが弱くなり辞めてしまうのです。

仕組み作りは、個々人の環境により色々な方法がありますが、今回は私が実践したことをお話しさせて頂きます。

皆さんのダイエット仕組み作りのヒントになれば幸いです。

1㎏=7000kcal

まず最初に理解していただきたいことですが、ダイエットに成功するには、やみくもに食事制限や運動をするのではなく、痩せるための「数字」を理解することが大事です。

痩せるために、まずは下記を覚えましょう。

脂肪1kg = 7000kcal

7000kcal消費すれば、1kg体重が減る!

脂肪1kgは7000kcalのエネルギーに換算されます。

ご飯一膳は約300kcalなので、お茶碗23杯分食べると1kg体重が増えるわけですね。

ちなみに、私の大好きな下記、Meijiスーパーカップですが、374kcalありますので、スーパーカップを20個食べると1kg増えてしまいます。

毎日コンビニで買うと、1か月後には1.5kg体重が増えているわけですね。

怖いですね~。

そして、次に覚えることは下記です。

脂肪消費 = 

消費カロリー - 摂取カロリー

生きているだけで消費される、基礎代謝と運動による消費カロリーの合計から、食事分のエネルギーを引いた差分が、脂肪消費量となります。

具体例は下記です。

例) 

・消費カロリー: 基礎代謝2000kcal + 運動500kcal

・摂取カロリー: 2000kcal

2500kcal – 2000kcal =500kcal分だけ痩せる

500kcal/7000kcal = 0.071kg 痩せる

極端な例ですが、消費と接種カロリーの差分が、1日1000kcal であれば、

たった1週間で1kg痩せることができます。

したがって、

痩せるには、

・摂取カロリーを減らす

・消費カロリーを増やす

の2方向でのダイエット戦略、仕組み作りが必要です。

摂取カロリーを減らす

person eating food

強制的に間食を減らす

さて、摂取カロリーを減らす方法ですが、単純明快に、間食を減らせば痩せます

なぜなら、太っている人は、摂取カロリーも多いですが、体重が多いので、基礎代謝や運動による消費エネルギーも自然と多くなります。

自身の体重で常にウェイトトレーニングしている状態なのです。

太っている人は、高カロリー摂取と消費で釣り合っている。

摂取カロリー3500kcal = 消費カロリー3500kcal 

→ 体重の増減がない状態

したがって、食べる量を減らせば、自然と痩せていきます。

そして、太っている人の摂取カロリーの多くは炭水化物のとりすぎ(ごはんやパン、お菓子、ジュース)などによるものです。

※自分も同様なので、間違いないです(笑)

したがって、太っている人は、炭水化物の摂取量を常人並にすれば、何も意識しなくても勝手に痩せます。

しかしながら、これが非常に難しいのです。

砂糖はタバコや酒と同様に、依存性があり、接種すればするほど幸福感が減るため、より多くとろうとしてしまいます。

※摂取するたびに快楽物質であるドーパミンが出るのですが、繰り返すと快楽を感じにくくなるので、より多くの砂糖を摂取しようとする。

つまり、

太っている人は

炭水化物ジャンキーで中毒者

なのです。

これは簡単に治りません。

タバコや酒の治療方法と同様に、周りに炭水化物を置かない。

買いに行かない。

買いに行ける環境にいないことが、基本的な仕組みとなります。

以下具体的な仕組みを説明していきたいと思います。

仕組み1:ダイエットと時間作りに宅配弁当

男性の場合、一人暮らしのご飯は、コンビニ弁当、スーパーの総菜、牛丼などの外食チェーン店などが主食です。

外食は、そもそもカロリーが高いのに、ついでにお菓子を買うなどしてしまい、余計にデブ化します。

買いものや外食に行く行為をやめることが、痩せるための第一歩です。

しかしながら、買い出しに出かけなければ、食事をとることができません。

この問題を解決するのは

栄養が整った冷凍宅配のお弁当が有効です。

私も独身時代で仕事が忙しい時期に、趣味の時間を確保したくて、少しでも時間を作るために宅配サービスの利用しましたが、気づいたら1か月で4kg痩せていました。

ダイエット目的ではなかったので、嬉しい誤算でした^^

食事を健康的なものにするだけで痩せたので、どれだけ不健康な食生活をしていたかがわかります(笑)

宅配サービスはおおよそ1食800円程度ですが、スーパーの総菜や、コンビニ弁当は約600円 + 間食で200-300円のお菓子を買ってしまい1000円近くなるのに比べれば、非常にリーズナブルです。

また、宅配サービスのメリットはダイエット目的以外に、自由な時間を作ることがあげられます。

買い物や自炊を行うと最低30分は必要ですが、その時間を別の活動に置き換えることができます。

勉強や副業に使えば、収入アップに繋がりますし、運動すればより痩せます。

30分 睡眠時間を増やせば、より健康になり日々のパフォーマンスも上がりますし、お肌や髪の状態も良くなり、いいことづくめです。

料理が趣味でなければ、今すぐ夕食は宅配サービスに切り替えることをオススメします。

婚活関係なく、独身であれば非常に合理的な選択だと思います。

下記RIZAPさんの【サポートミール】などは、タンパク質が多めのメニューであるため、後述する運動と同時に行うことで、より痩せやすい体質になりますので、オススメです。

※1食300kcal内に抑えているため、1日3食置き換えれば1000kcal/1日であるため、元の体重が多ければ、1日2000kcal近く脂肪を消費でき、1週間で2kg痩せることも不可能ではないはずです。

また、価格も2週間の定期購入であれば、1か月23,180円(税込)であるため、コンビニ、スーパー総菜生活よりも安価です。

自炊ではまず作れません。

仕組み2:水を飲むのはウェイトレーニング

食事を健康的なものに変えたとしても、どうしても糖分が恋しくなるのは仕方ありません。

私の経験ですが、どうしても砂糖が欲しくなる時は、ひたすら水を飲んで紛らわせていました。

また、水を飲むとその分体重が増えますので、常時500mlペットボトルを持ってウェイトトレーニングしているのと同様の効果が得られますのでオススメです。

筋トレや有酸素運動を行う前に、できれば水を1L飲むと、それだけ痩せます。

運動すると汗で老廃物が出やすくなるので、健康にも良いのでオススメです。

主食を減らす

上記間食と同様ですが、炭水化物を抜けば、簡単に痩せます。

そこで、朝食と昼食のごはんやパンの量を減らしましょう。

お茶碗1敗で、約300kcalありますので、半分にすれば150kcal。

朝、昼合わせれば、300kcalですので、1か月 30日続ければ、9000kcalになりますので、これだけで1kgは確実に痩せられます。

ただし、この方法は、主食の量を元に戻せば、簡単にリバウンドしてしまいますので、あくまでここぞという時に限定した方が良いです。

消費カロリーを増やす

exercising woman on mat

基礎代謝を上げる = 筋トレ

つづいて消費カロリーを増やす方法です。

消費カロリーを増やす方法は二つ、基礎代謝アップ有酸素運動があります。

それぞれメリットデメリットを記載します。

・基礎代謝を上げる(筋力アップ)

 メリット:基礎代謝が上がると寝てるだけで痩せる。短時間なので効率が良い

 デメリット:筋トレがきつい

・有酸素運動を行う(運動している間だけ痩せる)

 メリット:楽な運動が多いので長続きする

 デメリット:長時間の運動が多く時間効率が悪い

上記のように、有酸素運動は時間効率が悪いため、それだけでは中々痩せません。

ダイエットでは、まずは基礎代謝を上げることを優先しましょう。

基礎代謝を上げれば、1日中寝ても痩せます

基礎代謝を上げるには筋トレが必要です。

筋トレは、足の筋肉を重点的に行うのが最も効率的です。

なぜなら、足の筋肉は人体の中で一番大きいため、足の筋肉を強化するのが、消費カロリーアップに一番効果的なのです。

足の筋力アップは、スクワット一番効率的な筋トレ方法です。

しかしながら、スクワットは正しく行わないと膝を痛めます。

youtube動画などで正しいスクワットを見ながら、鏡の前で自分の姿勢を確認しましょう。

今まで運動してこなかった人は、ジムの無料お試しレッスンなどを探して、スクワットだけでもコーチングしてもらった方が良いと思います。

運動で筋力アップとカロリー消費

仕組み3:普段の生活で強制的に運動する

筋トレで、基礎代謝が上がれば、その後は有酸素運動で、追加でカロリーを消費します。

有酸素運動は、ながら運動に適しているため、普段の生活に取り入れましょう。

・通勤を徒歩や自転車にかえる。

・エレベーターを使わずに階段を使う。

・車を駐車する際は、入り口から、一番遠い場所に駐車して歩く距離を稼ぐ

仕組み4:効率的で楽しい運動をする

また、追加で運動する際には、時間効率が良く、楽しい運動を心がけるべきです。

何事も「好きこそものの上手なれ」効果は絶大です。

あなたが、楽しいと思える運動を行えば、あっという間に痩せていくでしょう。

上記を踏まえて、個人的なオススメの運動は下記です。

参考にしてみてください。

※消費カロリーは、体重50kg換算です。100kgなら2倍にしてください。

5位:水泳

メリット:膝や関節に負担がかからないので安全。汗をかいてもわからない、気持ちいい。

デメリット:ジムに通う必要があるのでお金がかかる。ジムに通うための時間がかかる。

消費カロリー:50kgの人が1minで、5kcal。 1kg痩せるには7000/5 = 1400min = 23h

4位:サイクリング

メリット:通勤や通学に取り入れやすいので、仕組み化しやすい。

デメリット:自転車の沼にハマると非常に高額。自動車や歩行者との事故と隣り合わせなので危険、自動車との接触事故は多発している。

消費カロリー:50kgの人が1minで、3kcal。 1kg痩せるには7000/3 = 2333min = 39h

3位:ウォーキング

メリット:飽きない。無料。季節を感じられる。

デメリット:梅雨の時期や、雪が降るとできないので、季節性がネック。時間効率が悪い。

消費カロリー:50kgの人がウォーキング1minで、3kcal。 1kg痩せるには7000/3 = 2333min = 39h

2位:踏み台昇降

メリット:安い。いつでもできる。テレビを見ながらできる。筋トレにもなり、足の筋肉が鍛えられ、基礎代謝が上がる

デメリット:特になし

消費カロリー:50kgの人が1minで、4kcal。 1kg痩せるには7000/4 = 1750min = 29h

1位:キックボクシング、ボクササイズ(youtube動画利用)

メリット:無料:強くなった気がする。短時間。運動強度が高いので筋トレになり基礎代謝があがる。

デメリット:特になし

消費カロリー:50kgの人が1minで、6kcal。 1kg痩せるには7000/6 = 1170min = 20h

1位~3位は非常に効果があります。

特に、男性はキックボクシングを大好きになると思います。

子供の頃に、かめはめ波の練習や、格闘家に憧れる経験が一度はあると思いますので、youtube動画で勉強するだけでも、非常に刺激的で楽しいですよ。

誰も見ていない隙間時間に、シャドーボクシングをするのはあるあるです。

ハマれば、ジムに通うのをオススメします。

体形が細マッチョになりますので、女性受けが非常に良い体になります。

また、趣味が格闘技の男性は、非常にモテますし、わざわざ婚活をしなくても良い状況になるのではないかと思います。

女性は、踏み台昇降がベストでしょう。

下記のような台を購入し、テレビの前に置いておけば、ながら運動で、筋トレと有酸素運動を同時に行うことができます。

運動のメリットは婚活だけじゃない

仕組み5:年収を上げるために運動する(成功者は、必ず運動する)

私は日系企業から外資企業に転職したのですが、転職して一番驚いたのは、外資企業では成人病になるような不健康な人が全くと言っていい程いないことです。

筋トレ、トライアストン、格闘技、サッカー、スキー、皆さん何かしら運動の趣味を持っており、運動が得意な人ほど、早期に出世しています。

これまでの人生を通しての実感ですが、運動量と知力には相関関係があります。

運動はホルモンバランスを整え、ストレス解消や、脳の機能アップにつながることが科学的に証明されています。

運動をするから優秀になっているものと思われます。

また、不摂生な体形をしている人は、自制心がないということで、アメリカ系の外資企業では部長以上に出世することができません。

今後、日本企業は落ち目で、外資企業に買収されることが次々起こるでしょうから、上記ルールも適用されることでしょう。

運動しないことは、キャリア形成に非常に不利です。

将来、安定した給与を得たいのであれば、運動は必須項目ですので頑張りましょう。

健康面

当たりまえですが、運動すれば健康になります。

メタボ、高血圧、糖尿病、痛風、肝硬変、これらは、運動すれば全て解消します。

健康は失ったときにはじめて重要性に気づく人が多く、後悔しないためにも運動を心がけたいものですね。

最後に

繰り返しますが、ダイエットして痩せなければ、婚活の土俵に立てません。

しかしながら、結婚すれば、多少のリバウンドは誰しも目を瞑ります。

知人にも、結婚のために20kg痩せて、結婚後に20kgリバウンドした人がいますが、そのせいですぐに離婚などという状況にはなっていません。

※怒られて、再度ダイエット中のようです。

頑張るのは婚活期間中だけであると割り切って、食事と運動を改善させでダイエットしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お時間ありましたら↓ランキングボタンを押して頂けると励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
婚活ランキング