スキルアップ

【手を繋ぐタイミング】 恋愛・婚活 デート スキンシップ

手を繋ぐタイミングがわからない!

こんにちは!

今回はデートにおける手を繋ぐタイミングをお話ししたいと思います。

やっとの思いでデートに誘い、初回の喫茶店デートもクリア。

無事に2回目、3回目とデートを重ねるけど、いつまでたってもそれ以上に進展しない。

手を繋げばいいんだろうけど、どうすればいいんだ!

ネットで検索しても、雰囲気や、勢い、だいたいわかるとか、抽象的なアドバイスばかりで、全くわからないよ!

とお思いのアナタに、私個人の経験を踏まえてオススメの方法を教えたいと思います。

最後まで読んで頂ければ、緊張せずに手を繋ぐための方法が理解できます。

スキンシップ可能な3条件

まずは、手を繋ぐこと以外でも共通するデート時のスキンシップ可能な3条件を説明したいと思います。

・あなたの異性への魅力 (肉体、ファッション、髪型、肌のケア)

・楽しく遊べている (感情共感コミュニケーション能力)

・環境(カップルが多い人混み or 2人だけの空間、少し暗い 夕方~夜)

異性への魅力

まずは、異性へのアナタの魅力です。

つまり、セクシーかどうか?かわいいかどうか?イケメンかどうか?細マッチョかどうか?ということです。

身もふたもないですが、あなたが異性に対して魅力的な肉体、容姿をしていれば、初回デートでもスキンシップは可能です。

したがって、モテに特化した人たちは、日々努力して異性への魅力を最大限に強化しています。

「そんな魅力なんてないし、魅力があれば悩んでないよ~。」

という声が聞こえてきますが、少なくとも普通レベルの容姿にもっていく努力をしましょう。

誰しも最初から異性への魅力はありません。

小学校の同級生の容姿を思い出していただければ、皆さんそこまで大差はないはずです。

モテる人は、努力しているのです。

ただし、100点を目指す必要性はありません。50点で構いません。

小さな一歩を踏み出しましょう。

男性向けですが、下記の記事も参考になるかと思います。

楽しく遊べていること

続いて、デート自体が楽しいかどうかです。

デートを楽しくする要素は、相手の好みを事前にリサーチし、最適なデートスポットであること、あるいは世間一般で流行っている場所をチョイスすることです。

そして、一番重要なことは、あなた自信が相手と共感してコミュニケーションできていることです。

あなたがデート中に、緊張して相手と話すことができなかったり、相手の話を聞かずに自分の話ばかりしている。相手の話を否定して、こうした方が良い!と持論を語ってしまっている。

以上は完全にNGです。

下記で解説していますが、あなたと相手が、同じ気持ち(喜怒哀楽)を共有することが重要です。

環境

上記、異性への魅力がイマイチ、楽しく遊べていないようであれば、これ以上の進展はないと考えて、あきらめましょう。

まずは、あなた自信のスキルアップを優先するべきです。

上記が満たしていた場合、最後の一押しは、環境を整えることです

具体的には、下記2つです。

・カップルが多い空間:みんな手を繋いでラブラブだから、自分たちも手を繋いだ方が自然

例)テーマパーク、水族館、デートスポットの公園、夜景など

・2人だけの空間:誰も見ていないので、何をしても恥ずかしくない

例)マイカーの車内、カラオケボックス、漫画喫茶、個室居酒屋など

そしてさらにダメ押しは、薄暗い空間(夕方~夜)であればなお良しです。

あくまで個人的な経験ですが、ここまで条件を揃えれば確実に手を繋げます。

次の段階へ

さて、上記は手を繋ぐだけではなく、告白やキスをする時にも同様に有効です。

人間は雰囲気に流されやすい性質があるため、手を繋いで良い雰囲気になり、さらにはアルコールが入っていれば、一気にいけるところまで行くことも可能です。

※ヤリモクの常套手段です。

しかしながら、上記は婚活においては悪手になりかねません。

なぜなら婚活は恋愛と異なり、結婚後の生活を見極めることが重要だからです。

刹那的な恋愛を楽しむのであれば、良いかもしれませんが、長い月日を一緒に過ごすパートナー探しであることを意識して、互いに会話でのコミュニケーションを適切にとることを心がけましょう。

真面目な人にとっては、刹那的な恋愛による失恋は、人生観を変えてしまうほどのトラウマになってしまいます。

婚活においても、恋愛のドキドキは必須ですが、注意して責任ある行動を心がけましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お時間ありましたら↓ランキングボタンを押して頂けると励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


婚活ランキング