コミュニケーション

【緊張/緩和の法則】コミュ症が知るべき!今日から使える「簡単」恋愛テクニック

モテない人に足りないもの

こんにちは!

今回はモテない人に足りないものについてお話したいと思います。

これまで婚活を成功させるには、年収、容姿、コミュニケーション力が大事と説明してきました。

この中で、年収、容姿はあくまでも、実際に会うことができるまでの足切り条件(就職活動の書類審査と同じ)であり、真に必要なのはコミュニケーション能力です。

極端な話ですが、スペックが全て開示されている婚活ではなく、自然な出会いの場であれば、年収、容姿が悪くても、コミュニケーション力が高ければ、結婚できます。

それでは、コミュニケーション力とはいったい何なのでしょうか?

上記リンク先で説明したようにコミュニケーション力は、論理的、感情的なコミュニケーションがあり、論理的なコミュニケーション力は、仕事や勉強で鍛えられ、結婚後の家庭生活で必須です。

多くの真面目な人は、論理コミュ力が高く、仕事や家事ができて、結婚後には良き夫婦、父母になるタイプです。

しかしながら、真面目な人は、感情コミュ力が低い傾向にあります。

感情コミュ力とは、喜怒哀楽を共有・共感することです。

この感情コミュニケーションが得意な人は、愛嬌がある人と評されることが多いです。

所謂、モテるタイプです。

愛嬌がある人は、下記のような傾向があります。

・いつもニコニコ 笑顔

・無邪気

・表情豊か、リアクションが大きい

・少し抜けている(ワザと自分を落とす)

なぜ、上記傾向の人がモテるかというと、愛嬌のある人のコミュニケーションは、相手に危害を加える可能性が低いよ!と表現しており、相手の警戒心を解いて、すぐに打ち解けられるからです。

つまり、愛嬌のある人は、相手を「緊張状態」から、「リラックスした状態」にすることが得意なのです。

存在するだけで、周りを「癒し」てくれるわけです。

愛嬌がない人でも、いわゆる自然な出会いであれば、ゆっくりと警戒心を解いて、リラックスした状態となり、「好印象」「友達」となり、さらにきっかけさえあれば「恋人」になることも可能でしょう。

しかしながら、短期決戦の婚活の場ではそうもいきません。

普通レベルのコミュニケーション力では、お互いに警戒心が高いままデートに移行してしまい、いわゆる恋愛のドキドキが発生しにくい状況なのです。

それではどうすれば良いのでしょうか?

「緊張」の「緩和」 = 「好印象」

まず最初に結論ですが、相手に好印象を持たせるには、

意図的に緊張状態を作り、急激に緩和する

ことです。

意味がわからないよ!とお思いでしょう。

まず、人間の生理的な現象の一つに、「緊張」状態を急激に「緩和」すると快感を得られる、というものがあります。

ストレス過多の状態から、休憩すると、「ホッ」とする現象です。

この快感ですが、急激な変化であればあるほど、快感が得られ、「好き」という感情になる傾向があります。

例えば、難しい難題に直面している時に、異性に助けてもらうと、好きになってしまった経験がないでしょうか?

・難しい勉強や仕事を助けてくれた先輩を好きになる。

・フラれた直後に、慰めてくれた友人を好きになる。

・いじめられた際に、助けてくれた人を好きになる。

といった具合です。

男性だと経験があると思いますが、

クラスで一番のかわいい女子が、何故か不良と付き合う現象は、この緊張と緩和のテクニックを知らず知らずに使っているからなのです。

不良っぽい見た目の人たちも、不良っぽいファッションが好きなだけで、中身は少し前までは小学生、中学生でまだまだ子供で普通の人達です。(少年院に入るような犯罪者は別です)

不良男子に言い寄られて、女の子は、彼らの見た目で怖い印象を持ち「緊張」しますが、話してみると普通の人なので「緊張が緩和」され、好印象を持ちます。

その後のデートも、不良っぽい世界のスリルで「緊張」しますが、彼が守ってくれるので「緊張が緩和」されるので、好きになってしまうのです。

ミステリアスだったりスリルのある男子が、少女漫画やドラマでヒーローになるのは、この法則を利用しているのです。

真面目な男子にとっては、理不尽な話ですよね。

次に、具体的な「緊張」の「緩和」を作りだす方法について、お話ししたいと思います。

婚活での攻略法

さて、婚活においては、男性ファッションはフォーマルならスーツ、カジュアルでも、ビジネスカジュアルが基本、女性はコンサバなワンピースや、フェミニンな服装が基本ですので容姿においては「緊張」させる要素はありません。

それではどのように「緊張」させるのでしょうか?

※初回デートまで漕ぎつけており、基本的な容姿やファッションは足切りラインを超えているという前提です。男性は以下記事を参照してください。

初回デート時

初回デートですが、ここではお互いに初対面ですので、二人とも「緊張」しているのが当たり前です。

したがって、自分は悪い人間じゃないよ!と主張すれば良いのです。

真面目な人なら普段通りに話をすればクリアできるのですが、お互い緊張してしまうために会話ができない人が多いです。

そういった場合は、仕事としてコミュニケーションをとるようにしましょう。

例え相手が美人で緊張したとしても、ビジネス上のお付き合いと思って割り切りましょう。

営業さんが恋愛や婚活に強い理由です。

理系の方は、最初のうちは先輩に話すのと同じくらいのテンション → 少し打ち解けたら、同期の同僚 → 仲良くなれば男友達のようにコミュニケーション、と使い分けてください。

また、相手を褒めることは必須です。褒めれば失敗はしません。

これさえできれば、初回デートのコミュニケーションは成功です。

次のデートも可能となります。

上記ができているのにも関わらず、2回目デートができない場合は、写真を盛りすぎているため想像と違っていた。

もしくは、単純に趣味嗜好が合わない人だと思われたのだと思います。

友人関係でも別グループに所属していて、なんとなくそりが合わない人がいますよね、そういった関係性だと思い、落ち度は何もないので次へ行きましょう。

2回目デート

2回目のデートですが、ここで「緊張と緩和」をするには、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、デートする場所です。

デート先は、あなたが知っているけど、お相手は知らない場所が良いでしょう。

知らない=緊張、それを、あなたがエスコートすることで、緩和します。

(お相手が恋愛経験豊富で元カレ・元カノと色々なところに遊びに行っていると一気に難易度が上がるわけです。)

あなたがエスコートするので、あなたの知識がフィードバックされる場所であれば、間違いがないです。

ただし、お相手が興味を持つ分野である必要があるため、独りよがりなデートスポットは禁止です。

無難なのは、定番や流行りのデートスポットで、お相手が行ったところがない場所です。

必ず事前に赴いて、面白そうな場所や、休憩場所、喫茶店、レストランなどを確認しておきましょう。

男友達と行くのがベターです。

そうすることによって、自分は緊張せずに、相手をエスコートすることができます。

・新しい場所

流行りの観光名所、都会であれば新しくできたり季節イベント中の商業施設でウィンドウショッピング(雰囲気が良い)など

・相手が行ったことがない落ち着いた雰囲気のレストラン

常日頃から、同性の友達とお店探しにでかけましょう。ネットの高評価のお店は人が多いので、価格帯が少し高い場所が無難です。ランチであれば1人3000~5000円程度のお店です。

・中小規模のテーマパーク

相手が行ったことのない、遊園地、水族館などはオススメです。目安はアトラクションや飲食などに並ぶのに10分以内であることです。最初は期待が少ないけれど、遊びに行くと意外と楽しいところを探しましょう。

・事前に下見に行く

・映画

会話することが目的なので、会話ができない場所 映画などはNGです。

・有名なテーマパーク 

大規模なテーマパークは、元カレカノと行った可能性が高く、家族や友達と行った経験があるでしょう。さらに長時間並ぶことがストレスになります。

・事前に下見に行かない

3回目以降のデート

基本は2回目と同様ですが、会話の中でも「緊張の緩和」を取り入れましょう。

緊張は環境によるストレスである必要はありません。

ときにはフザけて相手を困らせるようなジョークで、笑いをとることも重要です。

ただし、同性で通用するような下ネタや他人の悪口、道徳に反するような行為は絶対にNGです。

・下ネタ

・著名人などへの悪口。政治的な話。

・デート時に店員に対する横柄な態度

・車の運転時に、もたついている他車に対して悪態をつく

お相手が仕事で常に高ストレスに晒されているのであれば、リラックスさせることができれば、確実に高感度は上がります。

ワザと緊張状態を作る必要性はありません。

デート中はなるべく「癒し」を相手に与えましょう。

特に自分で作ったお弁当やお菓子は、相手を癒す効果が高いでしょう。

胃袋をつかんだものが勝利するのは、いつの時代も同じです。

・相手を気遣う言葉

・癒しを与えるアクション

告白

さて、デートが順調に進むと告白タイムです。

このタイミングですが、どれだけお互いに「警戒心」を解き、「リラックスした状態」にあるかが重要です。

告白が成功するかどうかは、告白する前から決まっているのです。

欧米では、告白イベントはなく、お互いに一緒にいると心地よいのでカップルになり、結婚します。

それと同様に、お互いに心地良い関係性であれば、確実に告白は成功しますが、婚活は短期決戦であるため、警戒心が強い人ほど難しいのです。

そこで、少しでも告白成功の確率を上げるべくなるべく環境を整える必要性があります。

お相手にとってリラックスできる環境で告白しましょう。

・お互いにリラックスできる関係性での告白 (デート回数は関係ない)

・リラックスできる場所と時間での告白(眺めが良いところ、夕方、夜景など)

・3回目、4回目デートで告白するというセオリーに縛られて、とりあえず告白

・メールやLINEでの告白(メール越しでは相手の状況がわからない)

まとめ

今回は、コミュニケーション能力についてお話させていただきました。

「緊張の緩和」はビジネスにおいても必須スキルであるため、必ずできるようになった方が人生を楽しく生きることができるはずです。

普段の生活からなるべく意識して行動を心がけることで、恋愛・婚活も早期に成功するはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お時間ありましたら↓ランキングボタンを押して頂けると励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
婚活ランキング